• 火力発電設備
  • 原子力発電設備
  • IPP・自家用発電設備
  • 再生可能エネルギー設備
  • 各種プラント設備
  • ガス供給設備
  • タンク・ボイラ洗浄

HOME > 技術・商品 > 技術紹介 > アイスプラグ施工技術

アイスプラグ施工技術

系統隔離ができない機器や弁を補修する場合に、配管内の液体を凍結させて氷の“栓”を形成し、流路を遮断し補修を可能にする技術です。この技術は米国の原子力発電所で、多くの実積と高い評価を受けているFTI社の技術をライセンス導入したもので、配管材料試験や様々な検証試験を経て当社独自の技術として確立したものです。原子力発電所での施工実積を活かし、一般のビルやプラントの配管系統メンテナンスのニーズにもお応えします。

特徴

  1. 1~16インチの炭素鋼鋼管、ステンレス鋼鋼管に適用できます。(FRP、鋳鉄管にも適用可能)
  2. 内部流体の流量は2リットル/分以下、温度は65℃まで施工可能です。
  3. 淡水・海水・ほう酸水・その他水溶液に適用できます。

施工・販売実績

  • 関西電力(株)原子力発電所
    PWR1次系、2次系、消火水系、等
  • 日本原子力発電(株)東海第二発電所
  • 北陸電力(株)志賀原子力発電所

アイスプラグ施工中
アイスプラグ施工中


お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

原子力統括部
  • TEL06-6359-7420  
    【受付時間:9:00~17:00】
    (土・日・祝日、年末年始を除く)
  • FAX06-6359-7566

PAGE TOP