• 火力発電設備
  • 原子力発電設備
  • IPP・自家用発電設備
  • 再生可能エネルギー設備
  • 各種プラント設備
  • ガス供給設備
  • タンク・ボイラ洗浄

HOME > 技術・商品 > 技術紹介 > 静電浄油装置(EDC)を使用したオイルフラッシング

静電浄油装置(EDC)を使用したオイルフラッシング

発電所のタービン潤滑油系統等、大量の油を使用する設備の油浄化システムです。油中の汚染要因物(コンタミナント)のなかでも100ミクロン以下の酸化変質物(スラッジ)を中心とする微小な粒子が、軸受や作動部にトラブルをもたらすことが多くあります。このような微小粒子に対しても有効に作用する静電気力を使って、効率良く汚染要因物を除去することが可能になりました。危険物保安技術協会性能評価製品である防爆構造採用の製品(OCM型)もあります。

特徴

EDCは電気力を利用して浄化を行う画期的なシステムです。

  1. 電気力は粒子サイズに関係なく全ての粒子に対して作用するので、粒子径に左右されず油に溶けない全ての汚染物質を捕集でき、スラッジの効果的な除去が可能です。
  2. EDCはフィルタのように目詰まりすることなく、大量に汚染要因物を捕集することができます。
  3. 自動粒子計測器を搭載しており、リアルタイムでNAS等級値を確認できます。

施工・販売実績

  • 定期検査時のタービンオイルフラッシング施工
    関西電力(株)原子力発電所、日本原子力発電(株)、敦賀・東海第二発電所、中国電力(株)島根原子力発電所、四国電力(株)伊方原子力発電所
  • 関西電力(株)美浜発電所1・2号機に恒設し、運転中タービンオイルフラッシングを実施
  • 北陸電力(株)志賀原子力発電所2号機に恒設し、1号機の定期検査時のタービンオイルフラッシングに流用

静電浄油装置(OCM-8000HP)
静電浄油装置(OCM-8000HP)


お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

原子力統括部
  • TEL06-6359-7420  
    【受付時間:9:00~17:00】
    (土・日・祝日、年末年始を除く)
  • FAX06-6359-7566

PAGE TOP